本文へ移動

全国車いす駅伝競走大会

全国車いす駅伝競走大会とは、毎年京都で開催されている大会で、競技用車いすを使用して行う陸上競技です。
1988年に京都で開催された第24回全国身体障害者スポーツ大会にて公開競技として実施されたことが最初で、1990年2月に「全国車いす駅伝競走大会」と名称を改め、以降毎年開催されています。

全国車いす駅伝競走大会と協栄便

協栄便と同大会とのお付き合いは名称を改めた1990年からとなります。
実行委員会からお話を頂いた当初は右も左も分からず、社員はもちろん、友人や得意先様の有志までが集まり、裏方としての仕事を必死に行ないました。
大会が進むにつれて高まる緊張感、選手の力強い走り、熱気に魅せられ、無事大会が終わった時には自然に涙がこぼれ、仲間と抱き合い大きな感動を頂きました。

この大会の裏方をさせて頂いて「人に役に立つ喜び」を改めて実感し、当社が目指すひとつである「響働」(他者と響き合いながら個性を生かし合う)を実際に学び、体感することができました。また、地元京都の大きな行事に参加できる喜びを感じました。
 
これを最初として、以降毎年この全国車いす駅伝競走大会の裏方として参加させて頂いています。現在では高校駅伝、全国都道府県対抗女子駅伝競走大会の裏方も勤めています。

京都物産展 配送

全国の百貨店で行われている催事「京都物産展」の配送を行なっております。
本社の地域密着の一環で、京都の老舗・名店の技や味を全国にお伝えできることに大きな意義を感じています。
割れものや温度管理の必要な商品など多種にわたる荷物を現地まで安全に運んでいます。

感謝状をいただいております。

上記、全国車いす駅伝競走大会、京都物産展への真摯な取り組みの結果として、
平成31年、そして令和1年に感謝状をいただきました。
このような形に残るお気持ちをいただき、より身が引き締まる思いです。
当社は京都にもっと貢献できるよう頑張っていきます。
TOPへ戻る